【対象者】
小学校6年生(標準的には中学校1年生)から高校1年生相当の年齢の女子

【接種回数】
3回

【接種間隔】
ワクチンにより間隔が異なります。

●サーバリックス
初回接種から1か月後に2回目、初回接種から6か月後に3回目を接種

●ガーダシル
初回接種から1か月後に2回目、2回目から3か月以上空けて3回目を接種

◇ 現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。

◇ ただし、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を中止するものではありませんので、接種を希望する方は、定期接種として無料で接種を受けることができます。

◇ 接種を希望する方は、ワクチンの有効性と接種による副反応が起こるリスクを十分に理解した上で受けるようにしてください。

接種を希望される方は、かかりつけ医へご相談のうえ、予診票を子育て世代包括支援センターに取りに来てください。